女性と薄毛 -40代の女性 家庭内の不和や更年期に悩む時期

20130405214424_1

40代は薄毛の症状が現れる割合が高い年代です。

加齢による体の変化が現れ出す年代であり、この頃から髪が薄くなっている、若しくはコシがなくなっていることを自覚し出す人が多いです。

このご年代の方は以下のような特徴をお持ちです。

  1. 夫婦の関係が最も難しくストレスが溜まる時期
  2. ホルモンのバランスが崩れ出し体調に影響がでる時期
  3. 上記2点を併せ持っておられる方

両者共に、とても大きな重要な問題です。それぞれ、掘り下げて見ていきましょう。

 

家庭・夫婦の関係が最も難しくストレスが溜まる時期

家庭や夫婦間での不和が最も見られるようになる時期がこの年代で、ここを以下に円満に乗り切るかで残りの家族生活が変わってくる、といっても過言ではありません。

具体的には、夫が家事・子どもの教育など家庭の事柄に対して非協力的であり、それが原因で関係が難しくなることが多いです。言い争ってしまう場合、または表に現れなくても内に溜め込んでしまい心身に影響が及ぶことがままあります。

このようなストレスの多い状況ですと、当然、髪にも良い影響はありません。

ストレスは薄毛の引き金となりますが、このように悩みの度合いがより深刻になる年代ですと「より危険性が増す」と言っても過言ではありません。心身の健康のためにも、不満は夫ときちんと話し合うように努めたいところです。

自分が思っていること、自分の身に起こっていることを話し、話し合う場を持つこと、難しい部分もありますが、これが最も良い解決策です。

 

ホルモンのバランスが崩れ出し体調に影響がでる時期

40代はホルモンのバランスが加齢によって崩れやすくなる時期で、更年期障害というキーワードもこのころから当てはまってきます。

更年期とは、40~50代の期間を主に指し、何となく体調に不良を覚え出し、心身に影響が出る時期です。具体的には以下のような症状が起こります。

  • 冷え
  • 動悸・息切れ
  • めまい・耳鳴り
  • 頭痛

薄毛も症状の1つであり、同様に髪の問題として白髪が増える時期でもあります。

 

基本的な対策は他の年代と同じですが育毛剤などを検討しても良い

髪について、家庭内の問題、身体の不調を大きな問題として挙げました。

家庭の問題は、上述の通り家族内での協力が大事です。言い出せない、言い出しにくい状況もあると思いますが、今後の幸せな家族生活のためにも思い切って会話を持つことが望ましいです。

身体の不調については、産婦人科などの医療機関を訪れてみると良いかも知れません。専門家に尋ねることで最も早い解決が得られると考えられます。

 

また、加齢など老化による場合は、髪に意図して栄養を与えるようにするのも効果的です。

具体的には育毛シャンプーや育毛剤などを検討しても良いかも知れません。なぜなら、この年代を対象として開発されたシャンプー、育毛剤などが多く販売されており、一定の効果が見込めるためです。

薄毛は進行してしまうと、元に戻すことが困難になります。予防に勝る治療はないため、できるだけ前向きに検討されても良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ