女性と薄毛 -20代の女性 若年性脱毛症にご注意を!

若くして生じる若年性脱毛症

20130317100936_1

薄毛は中年期以上の症状と見られがちですが、10、20代でも発症することがあります。

俗称では「若ハゲ」と表現されることもありますが、主に男性の薄毛を指して使われることが多いです。しかし、若年性脱毛症は女性でも発症することが十分にあります。

男性の場合は遺伝性や男性ホルモンの作用が原因のことがほとんどですが、女性の場合は生活習慣の乱れや髪に良くないシャンプーなどを使っていることが原因でヘアサイクルが乱れてしまったことが主な原因です。ヘアサイクルについては、以下の記事で詳しく書いていますが、髪が生え抜け落ちるまでのサイクルが正常でなくなり、早期に大量に抜けてしまう場合があります。

生活習慣の乱れ

20130317100936_2

ヘアサイクルは健康な状態の場合は、正常な周期を繰り返します。しかし、夜型の生活で体に負担をかける、髪に必要な栄養素をきちんと摂っていない場合は徐々に乱れだします。これらが基になり、ホルモンバランスが崩れてくると、体内を栄養がうまく循環しにくくなり、頭皮に必要な栄養が送られにくくなります。

お仕事によっては多少の無理は仕方ない場合も勿論あると思いますが、大きく不調を感じた場合は、ご注意下さい。髪だけではなく色々なところに悪影響があります。

整髪剤やシャンプーの影響

市販のシャンプーは泡立ちやツヤを出すために、シリコンのコーティング剤など髪に良くない成分を大量に混ぜているものがほとんどです。値段も安いものが多く、パッケージの綺麗さなどに魅かれてついうち買ってしまいますが、実は髪の毛に負担をかけていることが多いです。男性ほど深刻にならない場合が多いですが、育毛を目的とするなら、やはり使用するものを見直したほうが良いでしょう。

治療は勇気を出して一般の病院に行くのが正解

若年性脱毛症は基本的には生活習慣の乱れが原因で身体が不調をきたしているのが原因ですから、一番の解決は病院に行くことです。該当する病院は皮膚科、婦人科になります。ヘアサロンや美容クリニックなどの方が行きやすいかも知れませんが、本質的な解決になりにくいので通常の病院で診てもらうことがポイントです。

シャンプーは自然な成分のものに変更した方が良いですが、この年代ですと育毛剤を考えるにはまだ早いと思います。まずは病院に行ったほうが最終的にかかるコストは恐らく安くつきますし、回復も早いでしょう。

20代ですと、薄毛の進行度合いが少なく、体調もまだまだいくらでも回復しますので、意外とあっさり解決してしまうかも知れません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ