iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生―慶応大

中山教授のIPS細胞によるハゲ治療の可能性

ikumou_ips

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用い、毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に再生させることに成功したと、大山学慶応大専任講師らの研究チームが23日までに、米科学誌電子版に発表した。チームは「脱毛症の治療や、育毛剤開発につながる可能性がある」としている。
研究チームはまずヒトのiPS細胞を、皮膚になる手前の細胞に変化させた。さらに、皮膚細胞に毛包を作るよう働き掛ける「毛乳頭」の代わりに、同様の力 を持つ若いマウスの皮膚細胞を皮膚になる前の細胞に混合。マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の組織と毛髪ができた。
ヒトの毛乳頭には大量採取が難しいなどの問題があるため、今回は採取が容易な若いマウスの細胞を用いた。ヒトiPS細胞から毛乳頭を作ることができれば、今回の方法を応用して完全なヒトの毛包を再生させることが可能になると期待できるという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000156-jij-sctch

同様の内容がNHKでも放送されていました。IPS細胞の恩恵はあまりピンときていなかったのですが、こうやって具体的な事例が示されるとかなり有り難味を感じます。

「再生」というところがやはりポイントですね。ハゲ対策は深刻な状態になる前に手を打って延命・回復を行うというケースが多いのですが、毛包が再生できるのであれば、完全にハゲ上がってしまった場合でも、効果が見込めるのでしょうか。

また、先日、大日本住友製薬社による癌に効く薬に関するコメントがニュースで取り上げられていましたが、これまで回復が見込めないと言われていた症状に対する治療法が現実味を帯びてきましたね。こちらも多くの人にとって朗報ではないでしょうか。

実際に、薬が市販される日はまだ先でしょうが、今後の動きから目が離せません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ